ブログ

2017年12月28日

ブログ

年末調整の時期ですが、以下の改正に伴い来年から扶養控除等申告書が様式が変わります。
 改正内容
制度改正(配偶者控除と配偶者特別控除の見直し)
 ・配偶者の年収上限引き上げ 
150万円に引き上げ(現行103万円)
  ただし配偶者の年収が130万円以上の場合は社会保険料の負担が生じます。
 ・年収制限
  給与収入が1,120万円(合計所得900万円)を超える場合、控除額が段階的に減少し1,220万円(合計所得1,000万円)超える場合は控除が受けられないようになります。
 
様式改正(扶養控除申告書)
・新たに源泉控除対象配偶者と同一生計配偶者が出来ました。
源泉控除対象配偶者
合計所得金額が900万円(年収1,120万円)以下の居住者と生計を一にする配偶者で、その配偶者の合計所得金額が85万円(年収150万円)以下の人
同一生計配偶者(改正前の控除対象配偶者と同様)
 居住者と生計を一にする配偶者で、その配偶者の合計所得金額が38万円(年収103万円)以下の人となります。
 
扶養控除等申告書の記入を間違えると、毎月の源泉徴収税額が変わってきますので気を付けて下さい。また、ご不明な点がありましたら当事務所にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。