2018年12月04日

 去る平成30年11月15日木曜14時より、コンベックス岡山の会議室にて経営支援セミナー2018を開催致しました。
 今年は、東京から外部講師をお招きし、株式会社UESパートナーズ代表取締役松田成哉様より「中小企業にも使えるMBA的思考法」というテーマで講演を行いました。
 内容について、要点が2点ありました。1点目は、「やる気と成長」です。モチベーションを上げるためには、努力によって成果が得られ、その対価として報酬(金銭に限らない)を獲得し、満足感に繋がるサイクルを継続していくことが重要であるということでした。2点目が、「顧客価値の向上」です。顧客価値は様々です。その顧客を分析すること(=市場を分析すること)でターゲット層に応じた価値を提供することが重要です。
 毎年開催させていただいている経営支援セミナーですが、今後もセミナーを含めた様々な情報発信を当事務所では行って参ります。





2018年10月24日

 平成最後の今年は、自然災害による水害・台風・地震と大きな被害をもたらしました。特に岡山県には平成30年7月豪雨により被災された方々が多く、改めて心よりお見舞申し上げます。

 さて、年末を迎え、経理担当者の方には、例年の年末調整の時期が来ます。今年は改正がなされ、少々複雑となっています。今月はその内容を簡単に説明しますので参考にして下さい。


■ 経理担当者が従業員から収集する資料
 ◦平成30年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書  ⇒ 資料1  
これは年初に提出済のものですが、今年に扶養家族等に異動があるか確認して下さい。同時に平成31年分の提出をお願いして下さい。

 ◦平成30年分給与所得者の配偶者控除等申告書  ⇒ 資料2
新様式となっており、特に所得者本人と配偶者の合計所得金額欄に注意して下さい。
配偶者のある方は必ず提出して下さい。

 ◦平成30年分給与所得者の保険料控除申告書   ⇒ 資料3
新様式となっていますが、大きな変更はありません。保険料控除証明書を添付の上、
各控除欄の該当項目に記載して下さい。

※ 当事務所で年末調整を行う場合、上記申告書はすべて回収させていただきます。
(該当ががない場合でも該当なしと記入)


■ 配偶者(特別)控除額の改正
 所得者本人と配偶者の所得に応じて控除額が変わります。  ⇒ 資料4
 ◦ 配偶者控除
   所得者本人の所得が1,000万円以下であり、配偶者の所得が38万円以下のとき適用→所得者本人の所得が900万円超の場合、段階的に控除額が変わる。

 ◦ 配偶者特別控除
   所得者本人の所得が1,000万円以下であり、配偶者の所得が38万円超から123万円以下のとき適用→所得者本人の所得と配偶者の所得の併用により段階的に控除額が変わる。

※ 1、資料4により控除額を確認して下さい。
  2、所得者本人の所得が1,000万円超のとき、この適用はない。
  3、所得とは資料2の計算表による。本人及び配偶者の給与の他、他の所得と合算した合計所得金額をいう。


追記
  本来、給与所得だけで、その給与収入が2,000万円以下の場合、通常年末調整で納税額は確定しますが、特に今年は水害に遭われ、住宅・家財等に損害を受けた方は、確定申告により税金の還付を受けられる場合があります。
  詳しくは、当事務所までご相談下さい。

2018年10月02日

平成30年11月15日(木)14:00より、コンベックス岡山・中会議室6において、
当事務所主催「経営支援セミナー2018」を開催いたします。


今回の経営支援セミナーは外部から講師を招いております。
講師は株式会社UESパートナーズ 代表取締役 松田成哉(経営学修士)様です。

主な内容については、以下になります。
「経営諸問題を3つの視点で整理し、構造化、経営課題を認識した上で、それを解決するための経営資源の利活用の方法と戦略立案のための思考法を学習致します」
少々難しい内容と感じられる方もいらっしゃると思いますが、経営者の皆様に役立つセミナーになることは間違いありません。

セミナーのご予約・お問い合わせは当事務所の角谷までご連絡ください。
たくさんのご参加をお待ちしております!

詳しい内容はこちらのパンフレット(PDF)をご参照ください。
経営支援セミナー2018パンフレット

2018年09月14日

現在、税理士法人シナジーでは一緒に働ける正社員を募集しています。
 求人の詳細は下記をご覧ください。
 ↓
求人募集事項

ご応募お待ちしております。



2018年07月19日

豪雨被災者に対する税制上の措置について

○「平成30年7月豪雨」により被災された納税者の国税に 関する法律に基づく申告・納付等の期限の延長について

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/saigai/h30/pdf/0018007-081.pdf


○広島国税局・税務署発行「平成30年7月豪雨により被害を受けられた方へ」

http://www.city.kurashiki.okayama.jp/secure/117185/kurashikizeimusyo_koufou.pdf


○平成30年7月豪雨により被害を受けられた方の税務上の措置(手続)FAQ

https://www.nta.go.jp/about/organization/hiroshima/topics/saigai/08180707_02.pdf


○平成30年7月豪雨災害に伴う県税の減免等のご案内

http://www.pref.okayama.jp/uploaded/attachment/235764.pdf


○被災者に対する市税の申告・納付等の期限延長について(倉敷市)

http://www.city.kurashiki.okayama.jp/secure/117082/kokuzi.pdf



経済産業省からの支援措置について

○平成30年7月豪雨による被災中小企業者等への更なる支援措置について

http://www.meti.go.jp/press/2018/07/20180716002/20180716002-1.pdf



厚生労働省からの情報について

○保険証や現金がなくても 医療機関等を受診できます

https://www.mhlw.go.jp/content/10600000/000333833.pdf



各生命保険会社による特別取扱について

○大同生命保険株式会社

https://www.daido-life.co.jp/company/important/2018/201807_saigai.html


○日本生命保険相互会社

http://www.nissay.co.jp/news/2018/pdf/20180712a.pdf


○第一生命保険株式会社

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2018_018.pdf


○住友生命保険相互会社

http://www.sumitomolife.co.jp/infolist/pdf/saigaikyujohou.pdf


○プルデンシャル生命保険株式会社

http://www.prudential.co.jp/news/2018/489

2018年07月12日

この度の平成30年7月豪雨による災害により被災された皆様、ご家族の皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。
被災された皆様の生活が、一日も早く平穏な生活に戻られることをお祈り申し上げます。

行政、金融機関対応(融資等)、税制措置関係のホームページを掲示しています。
また、ご不明な点等ございましたら当事務所までお問い合わせください。

1.行政

〇内閣府(災害による住家の被害認定)
http://www.bousai.go.jp/taisaku/unyou.html

〇岡山市(罹災証明)
http://www.city.okayama.jp/

〇倉敷市(罹災証明)
個人の方
http://www.bousai.go.jp/taisaku/unyou.html

真備地区の事業者の方
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/item/116900.htm#ContentPane

真備地区以外の事業者の方
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/item/109907.htm#ContentPane

〇総社市(罹災証明)
http://www.city.soja.okayama.jp/kikikanri/kurashi/bousai/saigaijouhou/201807risaisyoumei.html

〇高梁市(罹災証明)
http://www.city.takahashi.lg.jp/soshiki/16/saigai.html


2.金融機関等

〇中小機構

http://www.smrj.go.jp/news/2018/frr94k000003io81.html


〇トマト銀行
https://www.tomatobank.co.jp/

〇おかやま信用金庫
http://www.shinkin.co.jp/okayama/information/20180709_madoguchi.pdf

〇中国銀行
http://www.chugin.co.jp/up_load_files/news_release/1921_pdf_1.pdf

http://www.chugin.co.jp/up_load_files/news/754_pdf_1.pdf

〇日本政策金融公庫
https://www.jfc.go.jp/index.html

〇水島信用金庫
http://www.mizushin.co.jp/12info/20180709001.html

〇玉島信用金庫
http://www.tamashin.co.jp/info/detail.php?eid=00383

〇ゆうちょ銀行
https://www.jp-bank.japanpost.jp/

〇吉備信用金庫
http://www.shinkin.co.jp/kibi/pdf/20180708.pdf

〇伊予銀行
http://www.iyobank.co.jp/library/new/press/18-185.pdf


3.税制措置

〇国税庁 災害関連情報(全般)
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/saigai/index.htm

〇災害による申告、納付等の期限延長申請
http://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/kosei/annai/2834.htm

〇災害を受けた時の納税の猶予
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/saigai/8002.htm

〇災害を受けた時の所得税の取扱い
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/saigai/8004.htm

〇災害や盗難などで資産に損害を受けたとき(雑損控除)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1110.htm

〇災害減免法による所得税の軽減免除
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1902.htm

〇災害を受けた時の法人税の取扱い
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/saigai/8009.htm

〇災害を受けた時の相続税の取扱い
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/saigai/8006.htm

〇災害を受けた時の贈与税の取扱い
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/saigai/8007.htm

〇自然災害により自動車に被害を受けた場合の還付制度
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/saigai/8016.htm



2018年06月13日

「生産性向上特別措置法」が5月16日の参院本会議で可決・決定されました。
また、中小企業庁のHPにて、5月25日付で特例や計画に関するQ&A、認定支援機関の事前確認に関する確認書の様式などが公表されています。

中小企業庁HP
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/seisansei/index.html

この制度は、中小企業者等が一定の設備を取得した場合に、その固定資産税を、3年間、2分の1からゼロまで軽減することができるというもの。

適用を受ける為には、中小企業者等が市町村の策定した計画書に基づく「先端設備等導入計画に係る認定申請書」を策定し、市町村から認定を受けることが必要となる。
申請には税理士などの「認定経営革新等支援機関」による”事前確認”が義務付けられているなど、いくつか留意する点があるが、特に留意したいのが、設備取得以後の申請が認められない点である。
設備の取得前に①工業会証明書の取得、②認定経営革新等支援機関による事前確認、③自治体による計画の認定が必要な為、今まで以上に計画的な設備投資が求められる。

 もう1つ留意する点がある。この申請は「固定資産税の軽減」である為、法人税について、即時償却または取得価額の10%の税額控除を受ける場合は、従来の「経営力向上計画に係る認定申請書」も策定し、認定を受ける必要があります。

当社では「先端設備等導入計画」「経営力向上計画」の申請支援を行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

2018年05月22日

先日、中小企業庁から2018年版の中小企業白書が公表されました。今年は第1部と第2部に分かれております。
第1部では、最近の中小企業の動向について、中小企業の経常利益は過去最高水準にあり、景況感も改善傾向であること等を示しております。また、中小企業の労働生産性や経営の在り方等について分析を行っております。
第2部では、人手不足の現状を分析した上で、中小企業の生産性向上に向けた取組について分析が行われております。具体的には、業務プロセスの見直し、人材活用面の工夫、IT利活用、設備投資、M&Aを中心とする事業再編・統合について取り上げています。今後の企業経営に役立つ情報が多く盛り込まれておりますのでぜひご活用ください。

2018年度版 中小企業白書
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H30/PDF/h30_pdf_mokujityuu.htm

2018年04月27日

経済産業省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」は、中小企業者等におけるITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入費用の補助を通じて、中小企業者等の生産性向上を目的とする事業です。
IT導入補助金を利用すると、システム導入費用の2分の1(上限額:50万円 下限額:15万円)が補助されます。
当事務所が提供する会計システム、給与システム、販売管理システムの新規導入コストも補助対象になりますので、活用をぜひご検討ください。補助金の申請について当事務所がサポートいたします。

詳細は、こちらをご覧ください。
https://www.it-hojo.jp/
IT導入補助金


詳しい内容をお知りになりたい場合には、当事務所の担当者にお尋ねください。

2018年03月30日

今月は、新年度を迎え、主な税制改正について説明します。
それぞれの項目について、適用年月に充分注意して下さい。
多岐にわたっていますので、詳しい内容については、当事務所までお問い合わせ下さい。

個人関係
◦ 配偶者控除・配偶者特別控除の見直し → 平成30年分以後
◦ 給与所得控除・公的年金等控除の引き下げ、基礎控除の引き上げ
  → 平成32年分以後
◦ 青色申告特別控除の見直し → 平成32年分以後
◦ 年末調整手続の電子化(保険料控除・住宅ローン控除)
  → 平成32年10月1日以後
◦ 小規模宅地等の特例の見直し(相続税) → 平成30年4月1日以後相続開始

法人関係
◦ 特例事業承継税制(相続税・贈与税) → 平成30年1月1日~平成39年12月31日
◦ 所得拡大促進税制の改組(雇用者給与等支給額増加税額控除制度の改正)
  → 平成30年4月1日~平成33年3月31日
◦ 生産性向上の実現のため、設備投資により取得した一定の機械装置等の固定資産税の
 軽減 → 法施行日~平成33年3月31日まで
◦ 中小企業者等の少額減価償却資産の即時償却 → 平成32年3月31日までに取得・
 事業供用(2年延長)
◦ 中小法人の交際費等の損金不算入制度 → 平成32年3月31日までに開始する事業
 年度(2年延長)
◦ 不動産売買等の印紙税 → 平成32年3月31日まで(2年延長)

尚、消費税については平成31年10月1日以降8%から10%へ引き上げ、軽減税率
(8%のまま)の導入が予定されています。